おひるねアートとは

 


おひるねアートとは、床に絵のように布や小物でセットを作り、そこに赤ちゃんを寝かせて、真上から撮影するアート写真です。赤ちゃんがあたかも立って動けるかのように見える、かわいい写真が撮れます。

『赤ちゃん』がいるからこそできるアート

楽しく毎日育児ができていますか?赤ちゃんって本当にかわいくって、癒されます。それでも毎日お世話をしていると、誰に労われるわけでもない、ママのストレスも、かなりあるのではないでしょうか。

無理して頑張る必要はありません。毎日の育児にプラス何か楽しいものを見つけると、育児は格段に楽しく、気持ちも健やかに軽くなります。

そんな楽しみの一つに「おひるねアート」はあります。

「おひるねアート」のすごいところは、何しろ”赤ちゃん”がいないとできないこと。「おひるねアート」をやっていると、赤ちゃんがいてくれることに自然に感謝しちゃいます。

ねんねの時期特有の『似たような写真になりがち』なところを、おひるねアートで特別可愛い写真にしてみませんか?

おひるねアート撮影会でできること

  1. 私が作ったその月のおひるねアートで実際に撮影します。

協会認定の基本のアートや、季節の物など、毎回必ず1~2セット撮影できます。

おひるねアートギャラリーを見る

おひるねアート撮影会の詳細

♪持ち物はカメラのみ♪
カメラはどんなものでもOKです。スマホ、デジカメ、一眼レフなど。
(設定等はご自身でお願いいたします。取扱い説明書等でご確認ください。)

◆対象:赤ちゃんとママ(新生児~6ヶ月までは特に撮りやすいですが、特に年齢制限はありません。)

◆クラスは毎回1時間30分ほどです。

◆会場:稲城市iプラザ 2F 小会議室 京王線若葉台駅徒歩2分(アクセスはこちら)

◆受講料:1回3000円

最新の開催カレンダーはこちら

 

注)2017年9月より教材の販売を廃止します。

教材購入が必要な、おひるねアート教室から、受講料のみで参加できるおひるねアート撮影会へ移行しました。

申し込み・お問い合わせはこちらから