【断捨離】本30冊寄付してきました。川の図書館・調布

こんにちは。おひるねアート&ベビーサイン教室の川口です。

偶然こんなものを目にしまして。。。

なにやら、個人で図書館のような活動をしたいとのこと。

家にある本を自由に持って行って提供。

気に入った本があれば、持ち帰りオッケー。

ギブアンドテイクではなく、提供してくれるだけでも、利用するだけでもオッケーとの取り組み。

そして何がすごいって、やっているのは、なんと中学2年の女の子と、弟さんのご兄弟2人!

 

いろいろよくわからないこともたくさんでしたが、家にある本30冊を自転車に積んで、

次女と2人で行ってきました。

市民多摩川テニスコートがどこかもわからないまま、ひたすら自転車を漕いで30分。(←大げさ(笑)

通り過ぎそうな木の木陰に、かわいい女の子がキャンプ用キャリーに本をならべて座っていました。

本を持っていったら、とっても喜んでくれて、

長女がよく読んでいた本を見ては、

『私もこれ読んでました。これも知ってまーす。』ととっても朗らか。

 

なんでも、本当は町のあちこちにブックポストのようなものを設置して、

自由に本の交換ができるシステムを作りたかったそうで、市に相談にいったものの却下されたとのこと。

そこで、今学校がないので、休校中の時間を利用して、自分達にできることを始めたとか。

やりたいことが中学2年であることがすごい。

却下されても、あきらめず、できる範囲のことをするのがすごい。

問題があるから却下されたけど、提案は快く受け入れてもらえたと話す、状況を客観的に見極める確かな目。

そしてなにより、ただ自信があるのとは違う、自己肯定感の高さを感じました。

私はただひたすら感心するのみ。

初日から本を用意しておくために、近所の家を一軒一軒回って本を集めたそう。

どの話を聞いてもすごくて、唸るばかり。

私は本を断捨離できるとばかりに、そのことだけを考えていましたが、

その中学2年の女の子は、考えていることが社会貢献にも繋がり、はるかにすごい!

めっちゃ応援したくなりました。

めちゃめちゃ元気をいただいて、気持ちよく多摩川を自転車で駆け抜けました。

帰りがけ写真の一枚も撮ってきたら良かったな〜と思ったものの後の祭り。。。

ツイッターがあるので、どうぞご覧くださいね。

本当は断捨離していても、なかなか処分しにくいものです。

なんといっても捨てられない。。。

こういうのがあると、抵抗なく手放すことができて、本当に助かりますね。

◆お問い合わせ・ご予約はこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です