『クソババア』と呼ばれても。小学3年男の子

こんにちは。おひるねアート&ベビーサイン教室の川口です。

わーわーわー、早いもので6月も中旬。

みなさんいかがお過ごしですか?

私は今年に限って言えば、5月6月が一番の多忙時期といっても過言ではありません。

小学校、幼稚園との行事に加えて、役員のお仕事が、ほぼほぼこの時期に集中しています。

そんな訳で、あっちこっちに出向いていますが、それでもなんとか元気に過ごしています。

週末は小学校の学校公開がありました。

「学校公開」皆さんご存知ですか?

私の時代には授業参観と呼ばれていた代物です。笑

しかも年に数回だった授業参観が、稲城市では『学校公開』と名を変えて月に一回あります。

正直、親も毎月行くのは大変です。

娘も小学3年生になりました。

勉強も宿題も一気に増えて大変だと思いますが、根が真面目なのでなんとかこなしています。

が、が、正直みんながそうという訳ではありません。

実は同じクラスにも、どういう訳か、授業放棄してしまう子が数人います。

授業が潰れることもあったりで、親としては大歓迎ではありませんが、

私としては、その子たちがどうしてそうなったのかが、気になって仕方ありません。

先日の学校公開でも、クラス委員だったのでベルマークを集める傍、その中の1人に話しかけてみました。

すると返ってきたのは『うるせえ、クソババア』

 

これで諦める私ではありません。

「お家でもそういうこと言うの?お母さんは好き?」

と聞くと『嫌い』とのこと。

『じゃあ、家族で一番好きなのはだれ?』に対して

『ママ』だそう。

可愛いじゃないの。『ママ』だって。笑

 

すかさず「勉強は好き?」には『嫌い』と答えるも、

『勉強の中で一番好きなのは?』と聞いたら『体育』なんだとか。

いいじゃない、いいじゃない

『体育でなにがすきなの?』と聞いたら『増やし鬼』とのこと。

『それ遊びじゃないの?』とか言いながら、2人で大爆笑しながら、多少の交流が持てました。

 

正直、多少話したぐらいで、なんの変化もないと思います。

でも、その子が悪い子とかではなく、なぜそういう行いに出るのかを知りたいし、

本人がどんな子なのかも知りたい。

”あいつを変えてやるぜ”とか暑苦しいことを考えている訳でもなく、ただ単にその子に近づきたい。

そしてその子には、大人のことを嫌いにならないでほしいと思う。

きっと今は、怒るだけの大人が、嫌で、嫌で仕方ないと思うから。

また学校にいったら、ちょっかい出してやろう〜と。笑

 

◆ベビーサイン教室・おひるねアート教室の開催日程はこちら

◆お問い合わせ・ご予約はこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です