●【育児・教育の鉄則】スパルタで子供は育たない

こんにちは。おひるねアート&ベビーサイン教室の川口です。

ここ数日書きたい書きたいと思いつつ、時間に終われ延ばし延ばしになっていた、

『スパルタで子供は育たない』の記事

ようやく時間を見つけて書くことができました。(あっ今からですが。笑)

ここ1ヶ月あたり数人の方より、『やっぱりスパルタですか?」的な質問がありました。

いえ、我が家ではありません。

幼稚園のお話です。

次女の幼稚園では、逆立ち歩きが100パーセントできるようになります。

次女も昨年年少最後ぐらいには、逆立ちで壁つだいにカニさん歩きができるようになりました。

ブログでも、片手づつお腹に手を当てる動画を投稿しました。

幼稚園がスパルタだからだと思われた方がいたようです。

が、はっきりと断言します。

スパルタではありません。笑

むしろスパルタとは無縁の幼稚園だと思います。

というか、我が家の次女はスパルタだったら、やっていけないタイプの人間です。

そして、私はどんな子もスパルタで子供は育たないと思っています。

スパルタでは、『何もできない』とすら思っています。

スパルタで何かができたとしても、それはほんの一時のものです。

「やれと言われたから、その時だけできた」ということに過ぎないのです。

その時だけできればいいのであれば、スパルタでもいいかもしれません。

でもその時だけできてもあまり意味はありません。

本当に必要なのは、自主的に、意欲的に自らやっていく継続する力です。

次女は家では、自ら逆立ちの練習をします。

練習しろと言われているからではなく、やらずにいられないという感じです。

逆立ちだけではありません。

書き取り練習。ピアニカの練習。

どれも、やりたくて仕方がないという感じなのです。

いやいややっている様子はまるでありません。

もともとそういう意欲的なタイプの子もいるとは思いますが、次女は違います。

明らかに幼稚園でやる気スイッチをオンにしてもらって、グングンに成長を遂げています。

どうやって、その気にさせてくれているのかは親でも謎です。

ですから皆さんも『スパルタなんじゃない?』と思われても無理もないと思います。

 

『全員が逆立ちできるようにする』というのには、園長先生のこだわりがあります。

『10割できることに意味がある。子供の可能性は絶対だから。

8割9割だったら、信じていないことになる。だから10割にこだわるのです。』

そこまで子供を信じてくれる幼稚園、素敵だと思いませんか?

近隣のかたで、幼稚園選びに悩まれている方は、どうぞ一度私にご相談ください。

●あっ幼稚園選びとは関係ありませんが、ベビーサイン教室が5月から新クラス開講します。

生後6ヶ月〜1歳までの赤ちゃんをお持ちのお母様、一度ご連絡ください。笑(残席3組様です。)

▶︎お申し込みはこちら

 

◆ベビーサイン教室・おひるねアート教室の開催日程はこちら

◆お問い合わせ・ご予約はこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です