教訓:災害時はテレビを見るべし。

こんにちは。おひるねアート&ベビーサイン教室の川口です。

 

昨日に続き、3・11災害時の水ばなしです。笑

ベビーサイン教室 おひるねアート教室 Baby Tree 東京

ベビーサイン教室 おひるねアート教室 Baby Tree 東京

そうです。当時水はおろか、お茶類も手に入りませんでした。

ニュースが流れ、すぐに人が買いに走ったからです。

震災直後、食べ物を備蓄する人が多くなり、それまでも食料などはスーパーに十分にはありませんでしたが、

水道はとまっていなかったので、すぐに行けば間に合ったと思います。

でも私は行きませんでした。いえ、行けませんでした。

いえいえ、なんと放射能検出のニュースを聞くのが数時間遅かったのです。

私は普段テレビを見ませんが、当時も見ていませんでした。

それでも震災直後は不安で、あの1、2日はテレビに張り付いたのを覚えています。

ですが、『子供そっちのけでテレビのニュースに張り付く不安げな母親』という構図を娘に見せたくなかったので、

その後は、意識して、見ないようにしていました。

ですが、こんなことになるなら、テレビに張り付いていればよかったと、当時後悔したのを覚えています。涙

災害時、数時間おきに情報を仕入れる、これ教訓。

それでもあの当時、津波の映像を繰り返し、繰り返し、見るのはかなりの恐怖心を煽られたな〜と今でも思います。

 

水ばなしどこまで続くのやら。笑

◆ベビーサイン教室・おひるねアート教室の開催日程はこちら

◆お問い合わせ・ご予約はこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です